阿蘇と高千穂へ

こんにちは。ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?
私はゴールデンウィークには遠出の予定はありませんが、
先日、結婚1周年ということもあって、夫と一緒に阿蘇と高千穂へ行ってきました。

どちらも初めて訪れたのですが、雄大な阿蘇の大地と、
深い森に囲まれて神話の世界に入ったような気分になる本当に美しい高千穂の
大自然に、とても癒しとパワーを頂いた旅でした。


写真とともに旅行記を書いていこうと思います。

高気圧のおかげで雲ひとつない快晴に恵まれ、飛行機で関西から九州へ向かう間、
上空から日本列島がよく見えました。
明石海峡大橋や淡路島、四国の山並み、そして熊本空港に近づく頃には
阿蘇山からの噴煙も見えましたよ。
窓際だったので、ほとんどずっと窓から眺めていたらあっと言う間に熊本空港に到着。

阿蘇

熊本到着後は、レンタカーで移動。まずは阿蘇へ。
カルデラではひたすら雄大な景色が広がっていて、なんどなくセドナを思い出す雰囲気。
(スケールは全然違いますが) 
阿蘇五岳を目指してナビに任せて移動していたけど、通行規制の道などがあって、迂回。
でも、そのおかげで「道の駅阿蘇」に寄れたり、通りがかりで見つけた「山賊旅路」
というお店で阿蘇の郷土料理”だご汁”や”高菜めし”を頂けました

だご汁っていうのは、小麦粉を練って団子にしたものを具沢山の味噌汁(?)に
入れたもので、もちもちしてて美味しかったです!!


阿蘇、高千穂
写真に載っている緑色の可愛い山は、”米塚” 約2000年前に生まれた
阿蘇で一番新しい噴火口だそうです。

噴煙があがっている中岳第一火口には、規制がかかって近寄れなかったので、
草千里ヶ浜から噴煙の様子を眺めながら、しばらく裸足になったり大地に座ってアーシング。
それだけでも充分、生きている地球を感じることができました!
!20180428133509160.jpeg

K1050245.jpg


時間も押してきたので、高千穂へ移動。
阿蘇とは全然雰囲気が変わって、深い森に囲まれた里山が広がり、
とにかく美しかったです。
K1050333.jpg

高千穂で最初に向かったのは国見ヶ丘。
到着してまずは、中畑神社遥拝所でご挨拶をしていたら
その間だけ風が吹いていて、心地よかった

国見ケ丘から数キロ離れた所にある中畑神社には、神武天皇の
御孫・建磐竜命(タテイワタツノミコト)が祀られています。
国見ヶ丘はその建磐竜命が国見をされた伝説の丘で、高千穂盆地が一望できます。
この時期は雲海はみれませんが、秋の早朝は雲海が見れるそうです。

20180428133822444.jpeg

2018042813382471e.jpeg

↑遠くに見えるのは阿蘇の涅槃像

国見ヶ丘の次は、高千穂神社で毎晩見ることができる夜神楽を見たかったので、
予約していた高千穂で有名な居酒屋さんで早めの夕食を頂きました。

ちなみに、偶然とはいえ、私たちの席に開運招き猫が(笑)(上の方の写真の右下です)
色々と歓迎された気分になっていました

次回に続きます。
スポンサーサイト

ちか

レイキマスター/アロマテラピスト
アスリートウォーキング1級認定講師

「心身ともに健康で自分らしく生きること」「外側に振り回されず心が平安で満たされていること」「自然と調和して生きること」を大切にしています。
心身の健康や人生の質を高めるのに役立つセルフケアやファミリーケアをお伝えしています。

検索フォーム

QRコード

QR